ネット上のシステム

クラウドのQoSに欠かせないパソコンのモニター

クラウド化とは、ネットワーク上にサーバーがあり、その中に情報を保存することで、アクセスするだけで情報やデータの交換及び取得などを可能にするものです。

ソフトウェアのクラウド化は、多くの人々に広めやすいという点で注目されており、実際にクラウド化されているソフトウェアも増えつつあります。
しかしながら、クラウド化するには、当然のことながらデータをネットワーク上のサーバーに送る必要があります。
ところが、ソフトウェアのデータ量が大きいと、通信速度が落ちてしまい、時間がかかってしまう可能性があります。
QoSを使うことで、通信速度を維持するため、こうした送信時間の短縮が望めるのです。

QoSとは

クラウドのQoSに欠かせないパソコンの各種モニター

QoSとは、近年需要が高まり、技術開発が推進されているネットワークにおける技術です。
QoSは、QualityofSecurityを略したもので、機能としては、ストレージ管理を行うものです。

QoSでは、使用するネットワーク通信の領域をあらかじめ確保することによって、通信速度の安定を保証する技術です。
これによって、急に処理速度が遅くなったり、止まってしまったりすることを防ぐのです。
この技術は、すでにATMなどで使われています。
他にも、リアルタイムでの通信が要求されるテレビ電話などでは、通信の遅延が許されないので、この技術の採用が進んでいます。
このQoSが特に役に立ってくるものに、ソフトウェアのクラウド化があげられるでしょう。

クラウド化

クラウドのQoSに欠かせないパソコンのチップ

サービス品質(QoS)は、ITの環境でストレージのことを考えた際にはいつも重要な問題でしたが、クラウドがでてきてからは、QoSの重要度はさらにアップしています。
クラウドではその問題を解決するだけではない新しいQoSの達成のアプローチがなされていますが、キーポイントは柔軟性ということです。

クラウドというのは、もともとは「雲」という意味ですが、一般的にはクラウドコンピューティングの略称です。
もともとは、ユーザーが自分のモバイルあるいはPCの中に、ソフトウェアやデータを持ち利用や管理を行っていましたが、クラウドの場合ですとネットワーク上にあるサーバーにソフトウェアがあり、ユーザーはこのソフトウェアに必要に応じてアクセスして利用するものです。
自社ソフトウェアを新たにクラウドサービスとして提供をしているところも増えましたが、時間や費用がとてもかかり、なかなか開始できないという難点も存在しています。
そして、サービス品質(QoS)というのは一体何かといいますと、的確に一貫した度合いのサービスを要求して使えることを意味しています。
ストレージ世界において、サービスの度合いの尺度になるのはパフォーマンスです。
市場では、これまでもQoSを達成するために色々なことがされてきました。
企業でよくとられている方法は、複数のストレージのシステムを買い、それぞれ部署やアプリケーションに割り当てをするということです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031